/ SERVICE03

原状回復工事とは?

原状回復工事とは一般的に、「現在の状態」から「入居時」の状態に戻すことをいいます。契約内容にもよりますが、一般的には契約書の中でテナント都合で設置した間仕切りや諸設備を取り除き、貸主に返すことが定められている場合がほとんどです。これは借りるテナントにより、使い方が大きく異なり、それに伴い、原状回復工事にかかる費用も大きく変わるためです。まずは賃貸借契約の内容を確認し、貸主側と原状回復工事の工事範囲について打合せをしておく必要があります。
また、オフィスや店舗とマンション等の住居では原状回復のタイミングが違います。
住居の場合は契約期間終了後に行いますが、オフィスや店舗の場合は契約終了までに原状回復を完了させることがほとんどです。
万が一、契約期間内に工事が完了しない場合、完了するまでの賃料をテナント側が負担しなければならないケースもあり、また貸主側と揉める原因にもなりかねません。
早めに準備しましょう!

CONTACT

/ お問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら

LINK

/ リンク